上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディ:Pentax K-1
レンズ:ASAHI Super-Multi-Coated Takumar 135/3.5

どうやら子猫の隠れんぼに水を差してしまったようだ。
この後メチャクチャじゃれあってた(植栽の中で)。けしからん。




のらフォトダイアリーNo.4でした。
ペンタックスのオールドレンズの代表と言っても過言ではないレンズで撮ってみた。
おそらくどの中古カメラ屋でも1000円とか2000円とかで買えるんじゃないかってぐらいありふれてるはず。

それは置いておいて、
基本的に猫は群れていなくても平気な生き物で、集団で暮らしているように見える猫達も実はそれぞれ自立した生活を送っているようだ。
自立と言っても意識レベルの話で、人間に依存している部分では共通していて、生活圏を共有しているといったところだろうか。


なので今回みたいな写真の子猫2匹も、仲睦まじく見えるが些細なきっかけさえあれば別々に暮らすようになる。
そして離れて暮らして成長した後、再会したとしてもお互いの事を覚えていることは少ないらしい。


こんな話を聞くと「悲しいなぁ」と思うものだが、
案外そういうのもアリかもしれない。

大体今の社会が複雑化しすぎていて、分公たちは常に膨大なデータに囲まれている。
仕事のアレヤコレヤ、世界情勢、ネットの転がる真偽も不明な情報たち・・・
それって、人間にとって実は多すぎるのではないか。

今目の前にある世界中の出来事や、今日生きるために必要な情報達。
それが毎日毎日積み重なっているわけだから、現代人の脳みそはパンクしないのだろうか。
なので、押し寄せる情報達に押しつぶされてしまわない、
殺されないためには過去の不要なものはどんどん忘れてしまうべきかもしれない。






今、先々月自分が蒔いた種で仕事のトラブルに巻き込まれている分公、
都合のいいことはさっさ忘れる人類に、一刻も早く進化するべきだと提言していこうと痛感するのであった。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://nurunurulaboratory.blog.fc2.com/tb.php/50-72bb98ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。